研磨材の製造販売。金属加工にベストな研磨布ホイールを。

TEL. 072-881-8400
  • 日本語
  • English
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

研磨材・研磨剤などに関するピックアップコンテンツ

  • 研磨材「GFホイール」
  • けんま君の牧場日記
  • レール研磨装置(列車線路研磨)
  • タイ現地パートナー

「世界にひとつ」を届けたい

株式会社スリーエフ技研は産業用研磨ホイール(通称:フラップホイール)の製造メーカーとして、創業以来数多くの独自製品を市場に送り続けてきました。それは創業者 札谷餘光が掲げた Fudatani will finish the Flap wheel technology. (社名の由来)への絶え間ない挑戦の歩みです。私どもが最も誇れるところは数々の特許技術ではなく、お客様にとってベストな研磨ホイールをお届けする為に、お客様ごとに仕様を決めてものづくりをする企業姿勢です。

GFホイールの高い研削力お客様に満足頂ける「世界にひとつ」の研磨材をお届けしたい。それが私どもの企業価値であると考えています。株式会社スリーエフ技研は金属加工に不可欠な研磨の分野で、産業の発展に貢献しています。

  • オリジナル研磨材「GFホイール」

    一般的なフラップホイールが羽根を叩きつけて研磨しようとするのに対し、GFホイールでは叩きつける動きを止め、研磨面を砥粒がこするように動くことで格段の高研削比が得られます。難削材と言われる特殊合金の研磨で高い評価を得ています。

    ワークサンプル、図面をご提供願えれば、表面のトリミングも可能です。通常は湿式でのご利用をお勧めします。乾式でご利用の場合は別途ご相談下さい。

  • オリジナル研磨材「NFホイール」

    NFホイールとフラップホイールとの違いは、独自の手法で編み込まれた先端部にあります。この編み込みが被研磨材へのたたき付けをなくしました。それによって羽根の飛散がなくなり、製品寿命も格段に向上。さらに固形研磨剤を併用すれば、研磨材を飛ばすことなく、保持することが出来ます。

    今までフラップホイールで発生していたチャタマークも出なくなりました。適度な放熱効果も生み出しており、熱ごもりや目詰まり無くご利用頂けます。

  • オリジナル研磨材「NSホイール」

    NSホイールは研磨対象に対して高角度での研摩を行います。その研磨力は昭和55年ステンレスパイプのセンタレス研摩において、ユーザーテストによりフラップホイールの3倍の研摩能力、研削比でも2倍という数字で証明されました。以来、NSホイールは当社を代表する研摩ホイールとして幅広い用途でご利用頂いています。

    製品は右回転用と左回転用の2種類があり、粗研摩、仕上げ研摩等の工程や、被研摩物の形状、研摩方法などお客様ごとに異なる条件に対して、常に最適の結果が得られるよう組み合わせ型をご提案しております。

    photo
  • オリジナル研磨材「SFホイール」

    SFホイールでは仕上げ面において優れた研磨布を丸めることで、一つ一つのブロックの腰を強くし、研磨時における回転と加圧のエネルギーを先端に有効に伝えます。

    先端部では素材の持つ柔らかさで適度な面接触で研磨を行います。これは従来のフラップホイールでは実現できなかった研磨です。

    photo
  • オリジナル研磨材「SSホイール」

    1枚ものから、重ね合わせの製品まで、お客様の研摩物・工程・仕上がりの風合いなどから最適な商品をご提案しています。

    ●小型(125〜200φ)
    主に入り組んだ形状のコーナー部の研摩に。
    ●中型(250〜300φ)
    主に熔接ビートの研摩、塗膜の剥離等、研磨力重視のストレートタイプと、曲面への馴染み重視のチドリタイプにわかれます。
    ●大型(350φ〜)
    アルミ車輌の研摩に代表されるように馴染み性を重視した下地研摩でのご利用が多く見られます。

    photo
  • オリジナル研磨材「FPホイール」

    FPホイールは研磨布の選択を間違えると、右写真のように研磨時に羽根が不規則な動きをしてしまいます。当社では高速度写真でこのような動きを分析し、お客様の研磨条件に最適な研磨布を選択します(注)

    注:研磨材メーカー系の商社を通じてお問い合わせ頂いた場合は、使用する研磨材に制限を受ける場合がありますので予めご了承ください。

    photo
  • オリジナル研磨材「MLベルト」

    MLベルトをより使いやすくしたMLホイールもあります。両サイドをフランジで挟んで使用します。ホイールの適性周速は2500〜3000mpmです。

    photo

オリジナル(特注)研磨材を中心にご紹介

お客様に満足頂ける「世界にひとつ」の研磨材をお届けしたい。目的や現場状況に応じてワークピースを確実に研摩するオリジナル研磨材をワンストップで開発・製造します。

研磨材、液状または固形研磨剤ご提供エリア(営業地域)

研磨材、液状または固形研磨剤の導入は、北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・札幌・福島・東京・神奈川・埼玉県・千葉・茨城・群馬・栃木・愛知・静岡・三重・岐阜・新潟・長野・山梨・石川・富山・福井・大阪・京都・奈良・兵庫・滋賀・和歌山・岡山・広島・鳥取・山口・島根・愛媛・徳島・高知・香川・福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄・札幌・横浜・金沢・名古屋・盛岡・仙台・水戸・宇都宮・さいたま・金沢・甲府・浜松・大津・津・神戸・高松・松山、那覇、全国どこからでもお問い合わせください。日本国内はもとより世界8カ国以上の大規模研摩現場で使われている信頼と実績。「世界にひとつ」を届けることをモットーに、お客様の研摩のご状況やご要望に最適となるオリジナル研磨材をご提案させて頂きます。

【本社/工場】
〒571-0002 大阪府門真市岸和田1-3-11
TEL 072-881-8400 FAX 072-881-8590
【タイ現地合弁企業】
Siam Abrasives Industry Co.,Ltd.
129/33 M.3 Phaholyothin Rd.,Wangchula,Wangnoi,Ayutthaya 13170 Thailand
TEL +663-572-1458-9 FAX +663-572-1460